インデックスHPについて会員募集リンク
TRPG Circle [終日談戯]
くじら議定書

「くじら議定書」とは?
サークルの定例会みたいな場所ではキャンペーンゲームに必ず参加するというのは非常に難しい事です。
従ってキャンペーンゲーム(同じキャラクターを使ってプレイ)をする事は難しいというのが現状です。
ですが、キャラクターの成長はテーブルトークをプレイする上での大きな楽しみのひとつです。
「くじら議定書」とは、問題点を出来うる限り解消しキャンペーンを行うために作られた
ソードワールドキャンペーン用の統一ルールの事です。

2006年06月01日:第二版
2011年04月04日更新
第二版
プレイヤーズマニュアル
ここで創られたキャラクターは、この統一ルールを批准したシナリオにて使用することが出来ます。
以下の制約に従って魅力あるキャラクターを創って下さい。

▼キャラクター製作▼

キャラクターの動機と目的
 プレイヤーはキャラクターが冒険に出た動機と目的を決める様にする。

  能力値決定に関するルール
キャラクター制作時の能力値決定ダイスロールを
人間は2回、その他の種族を3回とし、振ることができる。
(振り直す場合は全ての数字を振ること。)
その中から自分の好きな回の数値を選択することが出来る。

また全てのキャラクターは求める値が同一の欄において、
2組までは入れ替えることが出来る。
(2Dと2D、1D6+4と1D6+4と言うような場合)

  生まれの決定に関するルール
「生まれ」はプレイヤーの任意で決定することだ出来る。
ただし、騎士・貴族を使用する際は能力値決定ダイスロールの振り直しをなしとする。
数値の入れ替えはOKです。

生まれ表を使用する場合は使ったダイスロールの出た目とその隣り合う欄の、
計3つの生まれ表の中から好きな生まれを1つ選択することが出来る。。
なお2及び12の場合は隣り合う欄との、
計2つの生まれの中から選択となる。

▼キャラクターの寿命と制限▼

キャラクターの寿命
キャラクターは製作してから10回シナリオで使用すると、
プレイヤーキャラクターとしては使用出来なくなる。

  キャラクターの人数制限
 このキャンペーン中に使用出来るキャラクターは最大3人までとする。
人数を超えて製作したい場合は、自分が登録しているキャラクターの
いずれかを抹消してから製作する。

▼スペシャルウェポン▼

スペシャルウェポンの入手ルール

キャラクターは1個だけ所持しているアイテムをスペシャルウェポンにする事が出来る。
スペシャルウェポンを所持したいキャラクターは、その代価として経験点1000点を消費する。

なお、スペシャルウェポンをシナリオ中に何らかの形で失った場合、
シナリオ終了時にシナリオ経験点とは別に経験点500点を得ることが出来る。
スペシャルウェポンは途中から入手する事も出来る。
その場合も同様に経験点1000点を消費して入手できます。
ただし何の脈絡もなく、冒険中や戦闘中に申請された時は、
マスターはその時点での入手を却下しても構い。
スペシャルウェポンの形状はプレイヤーの任意で自由に決めることが出来る。
使用する際は設定された形状を優先し、使用方法も形状に合わせたものとなる。
また、著しく大きさや重さを変更することは出来ない。

  スペシャルウェポンの効果とルール
スペシャルウェポンの効果とルールは以下の通りとなる。

・ スペシャルウェポンの効果の使用を宣言して行うダイスロールは、
通常より1個ダイスを余分に振り足すことが出来る。
・ 効果使用時のダイスロールの値はそのキャラクター本来の最大値を超えることはない。
(サイコロを3個振った合計が13以上であっても12として扱う。)
・ 効果使用時には絶対成功、絶対失敗は発生しない。
(ダメージのクリティカルの発生する。)
・ 効果使用はシナリオ中に冒険者レベルの回数までしか使用出来ない。
・ 所持者以外のキャラクターはスペシャルウェポンの効果を使用する事は出来ない。
(通常のアイテムとして扱う事は可能である。)

このスペシャルウェポンは個々のキャラクターにとって特別なアイテムであり、
魔法のアイテムと言った物ではない。
プレイヤーは各自のスペシャルウェポンに思い入れのある品、
扱い慣れた品といった、好きな設定を付加して所持するようにする。

マスターズマニュアル
ここにあるルールに従ってシナリオを創ることによって、
統一キャンペーンとしてキャンペーンキャラクターを使ってプレイヤーに参加して頂くことが出来る。

▼キャラクター管理▼

キャラクターの生活費
使用が2回目以降となるキャラクターからは、
シナリオ開始前にまずキャラクターのこれまでの生活費として、
マスターはシナリオ毎に100ガメルを徴収する。
もしも所持金が100ガメルに満たない場合は、100ガメル全てを借金とする。
(プレイヤーの借金の項を参照)

キャラクターの借金

 キャラクターはやむを得ない場合、
行き着けの酒場のマスターより借金をすることが出来る。
借金は最大1000ガメルを上限とし、
それを100ガメル超えるごとに生命点の上限が1減少する。
利子はシナリオ終了ごとに一律100ガメルとする。
(キャラクターの生活費と同時に徴収)

キャラクター同士の金銭の貸し借り
 キャラクターの金銭の貸し借りは後々混乱を生まないために、
シナリオ終了時に必ず借金により精算する。
譲渡に関しては特に制限を設けないものとする。

▼シナリオの制約▼

報酬に関する制約
 報酬に関する制約は以下の通りである。

・ マスターは1シナリオで与える報酬
(NPCやモンスター等の所持品、及び所持金等は除く)を
 金額に換算(アイテムは新品価格として計算)して
参加人数×500ガメルを超えないようにする。
 参加人数の変化などで、やむを得ずオーバーしてしまった場合は、
シナリオ終了時にガメルであれば超えてしまった分を減らすように指示し、
アイテムであればマジックアイテムと同様に扱う。
(登場アイテムに関する制約の項を参照)
・ マスターは1シナリオ中において参加人数×500点以上の経験点を与えない。

  登場アイテムに関する制約
登場アイテムに関する制約は以下の通りである。

・マスターはマジックアイテムの売却を認めない。
・ キャラクターがシナリオ中に登場したマジックアイテムを、
シナリオ終了時に所持していた場合、必ず削除させて下さい。
・ キャラクターに正規のルールで入手、購入したアイテム以外の
あらゆる高品質のアイテムは、マジックアイテム同様売却を認めず、
シナリオ終了時に所持していた場合は、必ず削除する。

制約外のシナリオについて
シナリオの意図等によって、以上のルールからの外れたシナリオを行いたい場合は、
必ずキャンペーン管理者に相談の上で行う。

ワールドマニュアル
このキャンペーンでは使えるワールドを西部諸国(テン・チルドレン)に限定する。
これはプレイヤー、マスターに同じ世界観を共有して頂くためなので、遵守する。

▼西部諸国地図▼
▼独自設定に関する注意▼

マスターによる解釈権
マスターはワールド設定に基づき、細部を独自に設定、解釈する事が出来る。
プレイヤーは他のマスターで行われた説明、設定などを
使った行動を必ずしも行えるとは限らない。
その点を注意しシナリオに参加する。